【読書】終末期患者からの3つのメッセージ

緩和医療医 大津秀一先生の
終末期患者からの3つのメッセージ」 

趣味関連で、
私の友人知人にがんサバイバーやがん関連医師が多いのです。

ある方のFacebook投稿で
大津先生の著書がシェアされていたので読んでみました。
kindle unlimitedではなんと無料です!

大津先生はこの本を書かれていた時、
1000人以上の死を見てこられていた。

「死」が目の前に現れたとき、
後悔が見られない/ほとんど見られなかったのは
たった3名だったそうです。

さまざまな死を見送ってきた大津先生が
感じたメッセージが文章化されています。

あれ、なんの本を読んでいるんだっけ?

と、我に返ったとき戸惑ってしまう
ため息が出る美しい表現が随所に見られます。

全編が死について書かれているため、
書かれ方がメソッドの形であれば
冷淡な雰囲気が出てきてしまいそうなんですが、

大津さんの文章は
温かくて、でも、それだけでなく力強くて説得力がある。

「死が怖いのはよくわからないから」

という1人のメッセージを読んで、
あぁそうかもしれないなと、
改めて思いました。

さまざまな「終わり方」を見たい方は必読です。